CSRの取り組み CSRトップへ戻る

環境への取り組み

リサイクルの取り組み

当社グループでは、廃棄物のリサイクルを推進しています。できるだけ焼却ゴミを減らし、リユース、リサイクルできるものを増やそうと努めています。

店頭での容器の回収
店頭での容器の回収

回収ボックス

阪急百貨店(千里阪急、堺 北花田阪急、川西阪急、宝塚阪急、西宮阪急)、阪神百貨店(阪神・にしのみや)、阪急オアシスなど阪急百貨店スーパーマーケットグループ各店では、お客様のご使用済みの食品トレーや、牛乳パック、ペットボトルなどを店頭で回収し、リサイクルしています。

商品券や社内資料をリサイクルし、トイレットペーパーに

年間100トン以上も集まる商品券や社内資料は、製紙工場に運び、溶解釜で溶かし、トイレットペーパーに再生、従業員用のトイレで使用しています。

工場到着後、コンベアで釜に運ばれ溶解
カット後の最終チェック
完成品
生ゴミを炭化し、燃料にリサイクル
生ゴミを炭化し、サーマルリサイクル材に

炭になった生ゴミ

阪急うめだ本店と堺 北花田阪急、西宮阪急および阪急デリカ工場の生ゴミは堺市の臨海地域にある大阪府エコエリアのリサイクル工場に運び、そこで炭化され燃料として活用されています。

ページトップへ