CSRの取り組み CSRトップへ戻る

環境への取り組み

日本百貨店協会との取り組み

阪急阪神百貨店は 日本百貨店協会の一員として、チャレンジ25の運動に参加し、協会とともに環境問題に積極的に取り組んでいます。

日本百貨店協会のホームページ(CSR)はこちらへ

スマート・クール・バッグ
スマート・クール・バッグ

日本百貨店協会は、容器包装削減キャンペーン「スマートラッピング」の一環として、毎年、業界統一の「スマート・クール・バッグ(保冷バッグ)」を作り、全国の百貨店で販売しています。2012年は環境月間の6月から販売し、販売価格300円の一部が東日本大震災で被災された方々に届けられました。

冷房温度緩和の取り組み
冷房温度緩和の取り組み

2012年5〜9月までの4ヶ月間強、百貨店の店内冷房温度を1度〜2度ほど上げることにより、CO2削減に貢献しようという取り組みを実施しました。お客様にご理解ご協力をお願いしながら、今後も続けていきたいと考えています。

統一ハンガーリサイクルと折りたたみコンテナ

統一ハンガーの回収ボックス

阪急阪神百貨店のファッション部門では1997年から百貨店協会統一ハンガーを使用し、リユース・リサイクルを実施しています。また、一部では段ボールのかわりに、何度も使える折りたたみコンテナも利用しています。

ページトップへ