CSRの取り組み CSRトップへ戻る

食の安全・安心への取り組み

当社グループは、食の「安全」「安心」を最優先に品質管理部門のみならず、仕入れから販売にいたるまで、様々な段階での厳しい品質管理を徹底しており、お取引先への情報発信や、販売員への教育にも力を注いでいます。また、有機農産物の生産にも取り組み、阪急・阪神百貨店や阪急オアシスなどで販売するなど、お客様に安心してお買い上げいただけるよう様々な取り組みを推進しています。

食の安心ネット「阪急クオリタ」で商品のデータを公開

食品に関わる気になる情報を、ご家庭のパソコンや店頭のモニター、バーコードを読み取ることができる携帯電話・スマートフォンから、簡単に見ていただけるネットワークシステムです。

生鮮食品では、生産者名と生産地で登録。また、アレルギー物質を含まない食品の検索やギフト商品での検索などに加え、2012年1月から阪急プライベートブランド商品の放射能検査をスタートするなど、様々な食品情報を充実させ、お客様に安心してお買い物いただけるようにしています。

「阪急クオリタ」ホームページ
「阪急の生鮮食品」のページ

阪急クオリタはこちらへ

安全で安心な野菜づくりをめざす 「(有)阪急泉南グリーンファーム」

素材本来のおいしさが実感できる安全・安心な野菜をご提供したいという想いから2003年9月に大阪府泉南市に「(有)阪急泉南グリーンファーム」を設立し、有機栽培の野菜づくりに取り組んできました。害虫や病気などの被害と闘いながら、地道な土づくり、害虫を防ぐ工夫を重ね、ノウハウを蓄積してきました。今では、参考にしたいと様々な方が視察に来られるほどに成長しました。種類は、ほうれん草、ベビーリーフ、小松菜、みず菜、菊菜、ルッコラ、サラダ菜などです。これらの野菜は「NPO和歌山有機認証協会」より「有機農産物」の認定を受けています。そして現在は、全国にグループ農場の展開をスタート。同じ生産方式で安全・安心な農産物を安定価格で安定供給できるよう生産基盤の強化を図っています。

阪急泉南グリーンファームはこちらへ

当社グループで扱う商品の品質管理をサポート 「(株)阪急クオリティーサポート」

検査のようす

(株)阪急クオリティーサポートは、商品の品質において「安心」をお届けすることを使命と考え、阪急百貨店の現場で長年にわたって培ってきたノウハウをもとに品質管理をサポートする総合コンサルティング会社です。

特に食品については、ネットから食品の情報を検索できるシステム「阪急クオリタ」を開発・運営しており、お取引先のご協力のもと、対象商品の情報を拡大しています。

阪急クオリティーサポートはこちらへ

徹底した品質衛生管理体制「(株)阪急デリカ」

(株)阪急デリカは、惣菜・寿司・弁当などの加工食品の製造から当社グループのスーパーマーケットや百貨店での販売まで一貫運営を行っています。
「原材料にこだわった商品開発と製造」を会社理念に掲げ、HACCPに則した工場での品質管理体制をはじめ、環境問題や従業員に配慮した設備・生産機器を導入。また、製造過程での管理体制を徹底し、お客様のご家族の健康にも配慮した豊かで幸せな食卓づくりをお手伝いできるよう、安全・安心な食品の提供に努めています。
※HACCP:国際的な食品の衛生管理手法

阪急デリカについてはこちらへ

ページトップへ