home>NPO法人Japan Hair Donation &Charity<通称:JHDAC(ジャーダック)>
  • チャリティーガイド
  • イベント情報
  • お知らせ

NPO法人Japan Hair Donation &Charity<通称:JHDAC(ジャーダック)>

更新日: 2016/5/7

  •  
  •   mixiチェック
NPO法人Japan Hair Donation &Charity<通称:JHDAC(ジャーダック)>は、ヘアドネーション(髪の寄付)によって贈られた毛髪をオーダーメイドフルウィッグ(人毛100%)として再生させ、小児がん治療やそのほかの様々な要因で髪の毛を失った18歳以下のこども達のために医療用ウィッグとして無償提供をしているNPO法人です。


人毛100%でできているため、見た目や手触りがとても自然で、一見ウイッグとわかりにくい仕上がりだそうです。材料となる髪の毛は、白髪やパーマ、カラーリングされたものでも大丈夫ですが、切り口から毛先まで31cm以上の長さが必要だそうです。

団体に髪の毛を寄付してくださった方から届いた髪の毛はそのまま使う訳ではなく、下処理を行ったり、頭の形に合わせて整えたりしなければならず、費用も人手もかかります。(1つ作るのにおよそ10万円!)それでも、楽しみに待ってくれているこどもたちのために、美容師の技術を生かしてこども用ウィッグを作り続けておられます。

ジャーダックに全国から送られる髪の毛には、思いを込めたお手紙を添えて下さる方が多く、過去に闘病経験のある女性の方や、高校生、そして、中にはなんと小学生の男の子も。全てが本当に気持ちのこもったあたたかい内容だそうです。

「私も髪の毛を寄付したい」と思われる方は、ぜひジャーダックのHPにアクセスしてください。
※「JHDAC」で検索

※JHDACのホームページ
http://jhdac.org/

送り先や送り方、注意事項が記載されています。
また、賛同していただいている全国の美容室の情報も掲載されています。

そして、届けられた髪の毛の仕分けなど、簡単な作業をしていただけるボランティアも随時募集されています。

皆様のあたたかいご支援お願いいたします。

髪の毛を切る前と切った後の写真

新しい記事へ

過去の記事へ