紹介団体

home>ブログ>紹介団体>遊休農地を復活させる里山体験~棚田で田植え~のご紹介「大阪みどりのトラスト協会」
  • チャリティーガイド
  • イベント情報
  • お知らせ

遊休農地を復活させる里山体験~棚田で田植え~のご紹介「大阪みどりのトラスト協会」

更新日: 2017/3/30

  •  
  •   mixiチェック
冒頭の写真は秋に能勢の里山で草刈りのボランティアに参加した時のものです。気持ちの良い汗をかき、また久々に落ち葉を燃やす匂いをかいで癒されました。

 みなさんも空気のきれいな昔ながらの里山で身体を動かしてみませんか?今回ご紹介する「棚田の田植え」の主催は公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会で、大阪府域に残された貴重な野生動植物の環境整備や身近な街のみどりの育成に取り組まれています。
能勢の遊休農地を復活させる「タガメの田づくり」で、昔ながらの田定規を使った田植えを行います。今後は稲刈り、餅つきを行なう予定だそうです。

遊休農地を復活させる活動にご協力ください!

【日時】5月 21日(日) 9:00~15:00

【集合】能勢電鉄「山下」駅に9:00もしくは現地に10:00

【参加費】2,000円 能勢の食材を使った美味しい昼食、お米のお土産付き!

【定員】30名

【場所】山下駅から車で30分ほどの能勢の棚田
 
【持ち物】水筒、タオル、長靴、汚れても良い服装(着替え)

参加する方は、下記団体事務局までお電話、FAX、メールにてお申込みください。

〈公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会〉 TEL06-6614-6688 FAX06-6614-6689 Email:midori@ogtrust.jp

新しい記事へ

過去の記事へ