home>11月14日(土)のチャリティートークイベントのご報告
  • チャリティーガイド
  • イベント情報
  • お知らせ

11月14日(土)のチャリティートークイベントのご報告

更新日: 2015/11/14

  •  
  •   mixiチェック
11月14日(土)は阪急百貨店うめだ本店 9階祝祭広場にてNPO法人 ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンのチャリティートークイベントが開催されました。

日本では毎年何万という行き場を失ったワンちゃん、ネコちゃんが殺処分されています。引っ越しや離婚などによる住宅環境の変化でペットが飼えなくなる場合、また飼い主自身が高齢になったり、こどもがアレルギーになったためなど、さまざまな理由があるのですが、動物たちにとっては関係ないことですよね。

NPO法人 ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンでは、動物愛護センターと連携して、そのような行き場を失ったワンちゃんやネコちゃんを保護し、新しい飼い主を見つける活動を行っています。

repExp

子猫のお世話



ワンちゃんのしつけ



こどもたちと触れ合いながらの「命の授業」



本日お話してくださった、前田さんと2016年のカレンダー(団体のWEBサイトで販売しています)


飼い主と別れてしまった動物たちは、心が傷ついており、まずその傷を癒すことから始めなければなりません。

シェルター(動物の避難所)では心身のリハビリとともに、しつけのトレーニングを行い、ワクチン接種や不妊手術も実施しています。そのような段階を踏んだ後、新しい飼い主さんを見つけることで、その家族全員が動物を家庭に迎え入れて本当に良かったとずっと喜んでいただけるようになると考えているのです。

また、団体では犬を飼う前に気をつけなければならないことについてのお話や、飼い主が困っている場合に相談を行う「しつけ教室」も週3回ほど実施しています。シェルターがある西宮以外にも出張できるので、ご興味のある方は是非!
本日お話をお伺いしたスタッフの前田さんも、活動に参加するきっかけになったのは自宅近くで開催されたしつけ教室に行かれたからだそうですよ。



団体ではその他に、こどもたちへ動物の命の大切さを伝える教育活動にも力を注いでおられます。自分を取り巻く環境に敏感で高い順応性があるこどもたちにとって、動物との関わりを持つことは大切ですよね。ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンのスタッフが直接保育園や小学校訪問をして、将来を担うこどもたちに小さな動物たちへの優しさや命の大切さを教えることで、動物をはじめ、人への思いやりの心を養う「人道教育授業」を行っています。




ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンのWEBサイトでは、保護されたかわいいワンちゃん、ネコちゃんが載った カレンダーを販売しています。ご購入していただくことが、ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンへの支援にもなり、動物たちの保護にもつながります。

もし、ペッツ・フォー・ライフ・ジャパンから新しい家族を迎えたいと思われたなら、団体のWEBサイトに募集中のワンちゃん、ネコちゃんの写真や種類などの情報がアップされていますので、ご覧になってくださいね。
NPO法人 ペッツ・フォー・ライフ・ジャパン

本日もたくさんの方に来店していただきありがとうございました。

新しい記事へ

過去の記事へ