ご報告

home>ブログ>ご報告>8月7日(水)レッドノーズデイ2019のご報告
  • チャリティーガイド
  • イベント情報
  • お知らせ

8月7日(水)レッドノーズデイ2019のご報告

更新日: 2019/8/7

  •  
  •   mixiチェック
本日、阪急うめだ本店9階祝祭広場にて「レッドノーズデイ2019」を開催いたしました。このイベントは入院中のこどもたちに笑顔を届けよう!というチャリティーイベントです。認定NPO法人日本クリニクラウン協会主催で毎年8月7日(ハナの日)に開催しており、今回で12回目。阪急うめだ本店9階祝祭広場でH2Oサンタとともに開催するようになって7回目を迎えました。クリニクラウン(臨床道化師)とご来場のみなさまが一緒に正午に向けてカウントダウン!正午から1分間、笑顔のシンボル「レッドノーズ(あかいはな)」をつけて身近な人と一緒に笑顔を贈るイベントです。

※クリニクラウン・・・クリニック(病院)+クラウン(道化師)を合わせた造語です。臨床道化師とも言います。

団体では、入院しているこどもたちへ笑顔を贈るため、北は北海道から南は沖縄まで、全国の小児病棟の訪問活動をされていて、2005年に活動を始められて14年間で3,197回、病院を訪問し、100,197人のこどもたちに「こども時間」を届けることができたそうです。レッドノーズデイは全国どこでも、だれでもが参加できるチャリティーイベント。クリニクラウンとボランティアの皆さんがあかいハナをつけたパフォーマンスで会場を盛り上げ、クリニクラウンのシンボルのあかいハナを会場のお客様にプレゼントし、正午のカウントダウンに備えました。


正午前には、かわいいキッズダンサー5名がステージに登場。「パプリカ♪♪」の音楽にあわせて元気にダンスを踊り始めると、ご来場のたくさんのこどもたちも参加してくれて、ステージはご来場のみなさまの手拍子でハイテンション!保護者の方々は写真撮影で大忙し。会場は笑顔であふれました。

11:59分。いよいよ1分前のカウントダウン!正午になり、クリニクラウンのお姉さん“ぐんぐん”の「ノーズ オン !」の掛け声にあわせ、会場のみんなで一斉にあかいハナをつけ、みんなで笑顔を贈り合いました。会場はあかいハナの笑顔で一杯!

最後は会場のみなさんと一緒に記念撮影「はい!ポーズ。」皆さん満面の笑顔がとても素敵でした。

募金でのご協力もたくさんいただきました。「また来年の8月7日にみんなで集まりましょう!」と楽しいイベントは満面の笑顔にあふれながら、無事終了となりました。

このイベントは、年々たくさんのみなさまに集まっていただき、とっても楽しく盛り上がっています。ご来場のみなさま、本当にありがとうございました。

ご参加いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

新しい記事へ

過去の記事へ