人々の生活を豊かにし、社会の発展に寄与することは、当社グループの重要なミッションのひとつです。地域社会の一員として、地域住民の方々との交流を図ると同時に、文化支援から災害支援にいたるまで、さまざまな活動を実施しています。こうした貢献活動を通しても、地域社会になくてはならない企業グループであり続けたいと考えています。

H2Oリテイリンググループ 社会貢献活動方針

社会貢献活動を実施するにあたっては、当社グループ行動規範に則って、以下にかかげる重点領域と実施基準を勘案しながら、社会的な課題の解決に資する活動を推進していきます。

重点領域

  • 地域社会への貢献
  • 地球環境の保全
  • 未来を担う子ども達への支援
  • 文化・芸術・スポーツ振興への支援
  • 災害支援

実施基準

  • 経営資源・事業特性を活かせること
  • 継続的に取り組めること
  • 活動後の効果を検証し、見直し、改善が図れること

事業特性を活かした取り組み

当社グループでは、年間およそ5,000万人の様々な世代のお客様が来店される阪急うめだ本店をはじめ、大型商業施設を多数運営していることから、各店の“集客力”や“メディア性”を活かし、お客様への啓発活動や情報発信に取り組んでいます。

チャリティーネットワーク H2Oサンタ

「誰もが誰かのサンタになれる」を合言葉に、“子ども支援”をテーマとして、2012年よりH2Oサンタの活動を開始(2015年に法人化)。地域社会にチャリティーの文化を創造することを目的とし、店頭などで社会貢献団体の活動内容やボランティア情報をご紹介し、様々な社会貢献団体とお客様をつなぐことで、チャリティーの文化を創造する活動に取り組んでいます。

主な活動

  1. 社会貢献団体と連携した啓発・募金活動
    阪急うめだ本店9・12階に社会貢献団体の活動内容をご紹介する「H2Oサンタ チャリティーガイド」を常設し、毎週土曜日には同店の9階祝祭広場にて社会貢献団体の活動内容をご紹介する「H2Oサンタ チャリティートークイベント」を開催しています。また、「H2Oサンタ NPOフェスティバル」を年2回開催し、2018年度は合計19団体の活動を紹介しました。
H2Oサンタ チャリティートークイベント
拡大
H2Oサンタ チャリティートークイベント
H2Oサンタ NPOフェスティバル
拡大
H2Oサンタ NPOフェスティバル
  1. 寄付のためのイベントの開催
    子ども支援や被災地支援のための寄付集めのイベントを開催し、入場料や会場内の募金箱で集まった金額を支援金として寄付しています。

2018年度の主なイベント

  • モノによる寄付「モノチャリティー」
  • 「世界にひとつだけのブライス」チャリティーオークション
  • 第1回H2Oサンタチャリティーコンサート
  • 第5回・第6回H2Oサンタチャリティーダンスフェスティバル
  1. ボランティアの仲介
    H2Oサンタのホームページやイベントでボランティアに参加していただける方々と社会貢献団体をつないでいます。
     
  2. 調査・発表
    子どもを取り巻く問題の現状把握のため、子ども支援の現場を取材し、冊子やブログで紹介しています。また、社会的養護を必要とするこどもたちの課題解決のため、関係者の方々にひとつの場を提供するということで、2018年には第2回H2Oサンタシンポジウム「こどもの虐待・貧困、里親制度諸外国の取り組み」を開催しました。

GOOD for GREEN

阪急うめだ本店では、2019年5月、モノを作るとき、売るとき、使うときに、自然環境や社会環境のために私たちができることを考え、未来のために一歩ずつ取り組んでいくことを提唱する全館イベント「GOOD for GREEN」を開催しました。
9階祝祭広場では、幸せな気分になる「ハッピーフェス!」として滋賀県で休耕田の再生に取り組む「グロウライスプロジェクト」のお米と淡路島の規格外農作物で作ったスパイスカレーのイートインコーナーを設置。又、店内から出た使用済みの段ボールでお面作り、ガーゼ端切れでリース作りといったワークショップを開催しました。
その他にも1階コトコトステージ11では、破棄されるタイヤのチューブを使ったスタイリッシュなバッグや無農薬栽培米を原料とした商品などを、11階ベビーズコレクションでは、口に入れても安心な天然ゴム原料で作られたおもちゃなどをそれぞれ紹介し、各階でも様々な取り組みを行いました。

GOOD for GREEN
拡大
GOOD for GREEN

子ども・子育て支援

未来を担う子ども達の支援はもとより、子ども達を育てる家族のサポートにも積極的に取り組んでいます。

阪急うめだ本店「子育てライブスクール」

「子育て・暮らし・これからのことについて、ママやパパが体験・体感を通して知ってもらえる場を作りたい」という想いから阪急うめだ本店に誕生したのが「子育てライブスクール」です。出産準備用品アドバイザーによるパーソナルコンサルティングや、管理栄養士による離乳食教室、ベビー用品の相談会などを連日開催し、気軽に相談できる産前・産後のサポートを行っています。

社会見学・就業体験の受け入れ

イズミヤや阪急オアシスでは、近隣小学校の店舗見学や買物体験、近隣中学校の就業体験の受け入れを行っています。バックヤードの見学や実際の店頭作業の体験などを通して、仕事の楽しさや厳しさを多くの子どもたちに体験してもらっています。

お取引先との共同取り組み

お取引先と共同で、子ども達の健康を促進するための各種イベントを開催しています。阪急オアシスとヱスビー食品とは、毎年「阪急オアシス・S&B杯ちびっ子健康マラソン大会」を開催しており、毎回2,000人を超える小学生が参加しています。また、阪急オアシス、イズミヤ、日清オイリオの3社で開催する「ジュニアサッカースクール」では、約100名の小学生が参加し、元サッカー日本代表の選手に直接コーチングをしていただく貴重な機会となっています。

ジュニアサッカースクール
拡大
ジュニアサッカースクール

従業員による社会貢献活動

当社はH2Oサンタの活動を通じて、お客様にボランティア活動の紹介を行っていますが、当社グループの従業員によるボランティア活動への参加も積極的に推進しています。

従業員ボランティアの推進

H2Oサンタは、当社グループの従業員や家族、お取引先のスタッフにボランティア活動を紹介しています。社会貢献団体の事務作業のお手伝いや保護動物の世話、イベントの補助など様々な活動支援に関して、社内イントラネット等で情報提供を行い、これまでにおよそ430人がボランティア活動に参加しています。また、当社、阪急・阪神両本店、労働組合などが合同で、阪急・阪神両本店の周辺や公共通路などの清掃活動を、毎月第3金曜日の朝に行っています。その他の百貨店支店やショッピングセンターなどでも、それぞれ周辺の公共通路の清掃を実施しています。

子ども支援イベントのノベルティ準備のお手伝い
拡大
子ども支援イベントのノベルティ準備のお手伝い
障がい児への水泳指導のお手伝い
拡大
障がい児への水泳指導のお手伝い

H2Oサンタ社員基金の設立

社員のボランティア活動や社会貢献団体への助成、災害発生時の寄付などの資金として、当社及び阪急阪神百貨店の社員が、1口100円(3口まで)を毎月の給与から、社員基金として任意に積み立てています。

伝統・文化財の承継

事業特性を活かし、多くの方に日本の伝統や文化、技術を紹介し、承継していくことは当社グループの重要な役割であると認識しています。

貴重な建築意匠を新店舗に承継

阪急うめだ本店は2012年9月に建て替え工事を経て、グランドオープンしましたが、建築家・伊東忠太氏デザインのモザイク壁画や最高級グレードのシャンデリアなど、建て替え前からおよそ80年近く愛されてきた数々の建築意匠は、修復後、新店舗にも引き継がれています。

阪急うめだ本店「新・日本の美意識」

阪急うめだ本店では、2019年春に「新・日本の美意識」と題した全館キャンペーンを開催しました。連綿と受け継がれる日本の伝統的な文化とモノ作り技術に今日的なセンスを掛け合わせることで生まれる、日本の美意識に根ざした洗練された暮らし方を、国内外のお客様に提案しています。

グループ企業のCSR