関西ドミナント化戦略の深耕と

新たな事業領域での成長を目指して

 

 

代表取締役社長

鈴木 篤

関西ドミナント化戦略の深耕と

新たな事業領域での成長を目指して

 

代表取締役社長

鈴木 篤

マーケットの成熟化、個人のライフスタイルの多様化、業態を超えた競争の激化、そしてグローバル化。


めまぐるしい経営環境の変化に敏感に対応し、さらにはひとつ先の時代を見据えて、当社グループは2015年度からの10カ年計画である「GP10(グランプリテン)計画」を推進しております。

阪急・阪神両本店を中心とした百貨店事業、並びにイズミヤ・阪急オアシス等の食品事業を核に、商業施設運営やホテル事業、化粧品などの小売専門店事業、そして外食事業など、様々な事業の発展を通して、日常から非日常まで生活全般に関わりを持つ、生活総合産業を目指しております。
今後はさらに新たな事業への領域拡大に向けた挑戦と、次なる10年に向けた海外事業進出のための計画を立案し、実行してまいります。

地球環境になくてはならない「水(H2O)」に置き換えた「エイチ・ツー・オー(H2O)」という社名の通り、社会になくてはならない企業グループであり続けるため、競争力の維持向上に加え、新しい成長戦略を描き企業活動を行ってまいります。