地域に寄り添い、地域とともにつながりを育むことに貢献します。

取り組みの方向性

  • 暮らしの拠点として、共生や協働による地域社会づくりを支えます。
  • 世代を超えて社会や地域の交流を促し、絆を深めるお手伝いをします。
  • 伝統文化や芸術、地域ならではの魅力を発信し、暮らしを彩る提案を行います。

イズミヤゆいテラス(イズミヤ河内長野店)

エイチ・ツー・オー商業開発では、ショッピングセンターや総合スーパーとして地元に根付いてきた「イズミヤ」の店舗資産を活かして、より地域に愛される店づくりに取り組んでいます。
2021年4月3日、大阪府河内長野市と連携し、河内長野市地域まちづくり支援拠点、「イズミヤゆいテラス河内長野」をイズミヤ河内長野店の4階に開設しました。
「ゆいテラス」の「ゆい」とは、日本古来の相互扶助を表す言葉で、“お互いが個性を共有・尊重し合い、協力して助け合う”という意味があります。
地域の人々がともに助け合い、共生するまちづくりの拠点にしたい、との想いを込めて名付けられたこの場所には、幅広い世代が気軽に立ち寄り、集えるための機能が備わっています。
 

1.地域のまちづくりを支える拠点
まちづくり、健康づくりや子育てイベントなどで、誰もが使えるフリースペースや多目的スペースを設置
 
2.地域福祉の拠点
「河内長野市社会福祉協議会」の事務所など地域の福祉に関わる機能を集約・連携を強化することで地域福祉を推進
 
3.市民公益活動の拠点
「かわちながのボランティア・市民活動センター」が新たに開設し、NPO法人やボランティア活動団体の活動のさらなる活性化を推進
 

大井マルシェ (阪急百貨店 大井食品館)

店の担当者が近郊の農家に出向いて収穫をお手伝いし、収穫した商品をその日のうちに店頭で販売するなど、産地とお客様をつなぐ活動をしています。

大阪府との包括連携協定締結

当社グループは2021年7月7日、大阪府と「こども・教育」「地域活性化」「環境」「健康・福祉」「雇用促進」「防災・防犯」「府政のPR」の7つの分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結しました。本協定の締結により、大阪府とともに個性豊かで魅力ある地域社会を実現すること等を目的とした取り組みを、より一層深化させてまいります。

地産地消の推進「大阪カレーもん」(ハートダイニング)

(株)ハートダイニングでは、大阪府と連携して大阪府産の食材を使用した「大阪カレーもん」の商品開発を行い、府下の若手農業者を応援したり、「大阪産(もん)」の普及に取り組んでいます。